主婦の副業メールレディの確定申告で旦那の会社に秘密にするには

主婦のメールレディが会社にばれないか心配

副業,主婦,確定申告

主婦の副業といったらメールレディ!!
というくらい、「メールレディ」という言葉が有名になってきましたね。

 

 

実際、私も主婦になってから知りましたし、やる事になりました。

 

 

っていうか、結婚して妊娠してなかったら「副業」とか「在宅ワーク」
とか、全くやらず、バリバリ体を動かして稼いでたと思いますw

 

 

私は最初から旦那さんに話していたので後から色々隠す事もまぁなかったんですが、
稼げ過ぎた年からの確定申告の申請について悩みましたねw

 

 

 

今回は私と同じように主婦の方でメルレの確定申告に悩んでるという方への基礎知識を送りたいと思います^^


主婦メルレは103万と130万に気を付けて!でも106って・・・?

たまに
「主婦がメルレで不要に抜けないようにするには103万だ!!」

 

 

と、書かれてあるサイトを見かけますが、
103万は所得税のかかる金額であり、扶養を抜ける金額ではありません。

 

 

本当に超えてはいけない金額は130万なんです。

 

 

とはいえ単純にメールレディで稼いだ金額が130万超えたら扶養を抜けなければいけない訳ではなく、

 

収入−メルレをするのにかかった経費=所得←ココ

 

です。

 

130万を少し超えるぐらいだと、税金や保険料を差し引いて世帯収入が下がりますが、
150万円を超えると、また世帯収入は上がると聞いた事がありますが、詳しい事は税務署にお問合せ下さいね。

 

 

 

でもでも、この130万が2016年10月に106万に引き下がる・・・・・というニュースがあります。

 

ただし、、従業員501人以上の会社で、週20時間以上働くという条件があるようです。
メールレディ界はどこで501人という区切りをつけるのか疑問にはなりますが、
近くなったらまたどこのサイトでも説明がありそうですね。

 

 

106万とか扶養とかに踊らされないメールレディの働き方

扶養を抜けて困る事は3つ。

 

 

旦那さんの会社にメールレディやってる事がばれないか。

バレません。
メルレの運営会社どころか、何をやってるかを申請、申告する必要は一切ありません。
私も4年間、ばれた事がありません。

 

税金の心配

これは106万とかだけではなく、メールレディをやっていれば税金は納めなければいけないので、稼いだ金額から置いておきましょう。

 

世帯収入が下がるんじゃないのか

ここが一番気になる所ですよね。

 

結局、家族全体でダメージを受けるのか。
主婦が扶養を抜けて、自分で保険料や税金を払っても損ばかりではありません。

 

自分自身が保険料を払えば老後の年金収入増も見込めます。

 

 

まぁ、年金額は年々受け取れる年齢が上がってますし、金額も減ってますが。

 

それでも、子供たちの何かの役に立てば・・・
そういう想いで私は税金を払ってます。
(せめてのプラス思考ってことで)

 

 

社会保険料・夫の収入・家族構成など諸条件により誤差があるため概算で求めた目安ですが・・・

夫の年収:〜400万円ならば、妻のパート収入:約122万円超で世帯収入アップ?
夫の年収:〜600万円ならば、妻のパート収入:約123万円超で世帯収入アップ?
夫の年収:〜1000万円ならば、妻のパート収入:約127万円超で世帯収入アップ?
引用:http://manetatsu.com/

 

つまり、旦那さんの年収にもよりますが、私たちが一定の収入を超えたら家族全体的にも豊かになれる。

 

 

という事だそうです。

 

 

私自身はメールレディで稼ぎ、個人事業主になり。
ネットビジネスをしつつ、ネットショップで会社設立をしました。

 

もちろん世帯収入は上がっています。

 

 

 

確定申告って、このマイナンバーが始まるとかで悩みが増えてるかもしれませんが、

 

稼げるうちはしっかり稼いで貯蓄する!!

 

 

っていう考えは私の中でずっと変わらないと思います。

副業,主婦,確定申告

関連ページ

学生メールレディが確定申告で気を付けるべきポイント。
スマホ1つで出来るのが魅力のメールレディ。稼げる副業として、大人気のお仕事ですが、なかなか人には言えないもの。今回はメルレの確定申告、税金基本のキから学び、マイナンバー制度まで備えましょう!
マイナンバー制度でメールレディをやってる事がバレてヤバイ!!
いよいよ始まるマイナンバー制度。個人情報が家族や会社にバレるかどうか心配な人も多いかもしれません。メールレディ大手のモコムやファムも確定申告の際の税金問題について書かれていたので参考になるでしょう。